So-net無料ブログ作成

2008年5月 その1

5月、波津先生とアシスタント一行は京都に取材旅行に行きました。そのレポートで〜す。

〜報告/アシりえ坊〜

0805-rie.jpg



〜報告/アシひろりん〜

0805-hiroe1.jpg

0805-hiroe2.jpg

2008年5月 その2

 アシO嬢です。
 5月のの仕事明け、波津先生と我々アシスタンツは京都に取材旅行に行きました。
今回の取材旅行のテーマは「寝殿造りを見よう!」です。どうやら先生の思惑はアシスタンツに生で建築を見せておいて、指示するときの労力を減らそう作戦のようです(近々、寝殿造りがでてくるようなお話を描かれるようですよ(ひそひそひそ…))。
先生、そーゆー作戦はうるわしの英国シリーズで発動して下さいよ。本場のティータイムでお茶をいただいてみないと、ティーセットが描けません。
 …てな与太を飛ばしつつ、京都にむかうサンダーバードの中の我々一行。
福井駅で、特別ゲストのかまたきみこ先生が合流しました……が、ちょっとちょっとかまーさん、生きてますか?! タマシイが1mくらい上をぷかぷか浮いていますよ!!
なんでも締め切り明けだったとか。それはお疲れさまでした……って寝ちゃったよ。
我々も締め切り明けですし、ううむ、先行き不安。

 サンダーバードの中でお弁当をいただいて、京都についたらちょうどお昼。
今日の最初の見学先は、も〜寝殿造りってゆったらここでしょう!の京都御所です。
50人ほどの見学者一行に混じり、拡声器を持った宮内庁の人の案内で、ぞろぞろぞろっと移動しながら広い御所の中を見せてもらいました。
 雨の予報がでていましたが、降りそうで降らない空模様。おかげで気温も低く、野外を歩くにはちょうどいい感じです。
とはいえ京都御所の広い広い。狭苦しい京都の真ん中になんて贅沢な空間でしょう。
贅沢とともに疲労を感じそう〜になる絶妙の間で、御所の見学は終了しました。
その間、約一時間。

 次の見学先は風俗博物館です。
ここは法衣のお店が運営している博物館で、源氏物語の場面を人形ジオラマで展示しています。以前、波津先生と見学に来たことありましたが、ジオラマが大きくなってますね、先生!
この博物館は6月と12月の年に2回、1ヶ月もかけて展示入れ替えをするそうで、ぎりぎりセーフのタイミングで見学できました。
 奥の部屋では袿や狩衣を羽織ることができます。
わ〜〜〜いコスプレだ〜〜〜♪ と嬉しげに着る、年長者のかまーさんと私。
着てみると、お、こ〜なってんだとか、あ〜なんだとか、結構おもしろいことがわかりますね。あのわけわからん十二単衣も、いっぺん着てみるといいかもしれませんね〜。

 風俗博物館を見終えると4時。
今日の予定はここまでですが、時間もあるし近くだから…と島原の「角屋」まで足を伸ばしてみたらば、なんと既に閉館していました。
残念〜と振り向けば、……あ!かまーさんの疲労ゲージがMAXになってる!
アシスタンツの年少組(称して「ちびっこーズ」)も顔に縦線が入ってる!
御所での一時間のウォーキングがここにきて効いている模様です。
一番元気なのは一番年長の波津先生てどーゆーこと?!
体力ないなあ、みんな! 今度からアシスタント前にラジオ体操とランニングだ!
 そこからタクシーでホテルに移動してチェックインした後、京都の街中でおしゃれなイタリアンをごちそうになり、更に韓国茶を楽しんで一日目は終了〜。

 翌日はお寺巡りです。最初は仁和寺に行きました。
 今日のかまーさんは睡眠と韓国茶が効を奏したようで、魂をすっ飛ばしたままデジカメのシャッターを押しまくっていた昨日が嘘のように、元気よく歩き回っています。
 大覚寺は17世紀に再建するときに御所の建物を移築しているうえに、皇室出身者が代々の住職を勤めた皇室ゆかりのお寺です。
ここもさすがに広く、御殿のくねくね張り巡らされた回廊はとても美しかったです…が、背景にこの回廊を描くように言われたら、あまりのやり甲斐に涙が出るだろうな〜。
 
 次に行ったのは大覚寺
時代劇のロケで有名なお寺ですが、ここは元々、嵯峨天皇の離宮だったという、これまた皇室と縁の深いお寺で、江戸時代のものとはいえ御所の寝殿造りを移した堂宇があります。
本堂から見る大沢池も美しくて一見の価値あり…なんですが、なにしろここも広くて!
途中には可愛いウサギの建具のトラップがあったりして!
しかもまんまと引っ掛かっちゃったりして!なかなか本堂までたどり着けません〜。
 ともあれ無事に境内を見学して、お寺の売店でお土産も買って、大覚寺終了〜。
同時に取材行程も終了〜。

 寝殿造りとお寺でお腹いっぱいになりましたが、この後は街中に戻ってカフェでお昼ご飯をいただき、三条界隈の雑貨屋さんや洋服屋さんでお買い物をしました。
 お寺の広さに無口になりがちだったちびっ子達はもちろん、睡眠と韓国茶の効果が切れて目がうつろになってきたかまーさんも、いつも元気ばりばりな波津先生も、買い物中はここ二日間で一番元気になっちゃて、なんだかこっちがメインになってないか?!っちゅー感じです。
夕方まで楽しく買い物したり、京都スイーツをいただいたりして新旧の京都を満喫し、京都を後にしました。
 さあ、この取材旅行がどんな風に生かされることになるのでしょうか。
ちょっぴり楽しみ[揺れるハート]で、とってもドキドキな我々アシスタンツでした。

ほうこく/O嬢

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。