So-net無料ブログ作成
検索選択

2007年5月

 こんにちは、アシO嬢です。今日は波津先生にグランディーバ(爆笑の男性バレリーナ団)の京都公演にご招待いただきました。
 先生との待ち合わせは京都南座の前。
ちょっと早く来過ぎたかなあ…と待っていますと、何やら公演が終わったらしい南座から、いい匂いのする着飾ったご婦人達や、華やかな和服のご令嬢達がどどっと吐き出されまして、その群れの中から波津先生登場。
先生、南座にいらしたんですか。何の公演だったんですか?
──なんと、玉三郎の舞踊公演!
今日の波津先生は第一部が玉三郎で、第二部はグランディーバなんだそうです。どういう趣向ですか、そりゃ?!可愛コちゃんつながりですか!
 …と、気がつけば、波津先生のお隣でにこにこされている方が。
おお!こちらは大人気作家にして、波津先生の着物アドバイザーの小野不由美先生ではないですか!この後、小野先生のお友達と合流して、四人で臨むぞグランディーバなのだそうです。なんとゴージャスなことでしょう!

 夕方の公演までの時間を、軽くお茶してから、大通り沿いにウインドウショッピング。和服好きのお二人は、和装関連のお店にことごとく引っ掛かっています
 舞妓さん御用達の和装小物のお店の前で、波津先生はちょっと中に入りたそうにしましたが、お店の中に観光客がぎっしり詰まっているのを見て断念、通り過ぎたところ、小野先生がそっと
「ここの襟芯はとても使い易いのよ」と、レア情報。
「そういうことは先に言ってよ!」と回れ右する波津先生。

 それにしても今日は5月としては異例の暑さです。波津先生と京都でお会いする時は、なぜかいつもとても暑いのよと小野先生。波津先生〜、京都の夏の暑さは信じられないほどシビアなんですから、これ以上暑くしないで下さいよー。
 それって私のせいじゃないわよ…と仰る波津先生の目線は、店先のソフトクリームにロックオン。おお、ここは抹茶パフェで全国的に大人気のお茶の「都路里」。お店の前はいつも長蛇の列ができているのですが、今日はなぜか奇跡のように誰も並んでいません。ラッキーだし! 暑いし! これはもう、食べるしかないでしょう、パフェ!
 と、いそいそとお店に入って席について、メニューを前に、やっぱり抹茶ソフトがてんこもりの名物の都路里パフェかなあ、このほうじ茶のパフェも捨てがたいですよねえと、さんざん悩んだ私達ですが、オーダーをとりにきた店員さんに波津先生が頼んだものは
「抹茶そば」。
そば?! そばですと?!
もっと乙女な選択をしましょうよ〜! 先生ならこっちの、巨大なパフェでもいけるでしょう? 抹茶スポンジケーキも入ってるんですよ?
しかし、波津先生はこの期に及んで小腹が空かれたそうです。何か食べないと公演中に倒れちゃうかも…って、それならまあ、仕様がありませんねえ。

 というわけで、先生が召し上がった抹茶そば、お茶が濃そうでとてもおいしそうでした。
おしまい。

……え、グランディーバ?
ああ、えっと、グランディーバは今年もとっても奇麗かったです。
おしまい。

報告/O嬢


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。